ボランティアってなんなの?

ボランティアは基本的には無償で行われる労働になります。
そのため、金銭面などの対価を得るということはありません。

しかし、その代わりに人から感謝されることや、感謝の気持ちを伝えられることが多いです。
それは精神の充足にもつながりますので、是非積極的に参加をしていただきたいものです。

普段の生活の中で、こういった感謝の言葉を面と向かって伝えられることは少ないかもしれません。
しかし、ボランティアに参加することで感謝の言葉が多く飛び交うはずです。

それがやりがいや喜び、そして次のボランティア活動への機会に繋げることができることも多いです。
人間が持っている思いやり、他人に対する気遣いを持っていることを確認することもできますよ。

こういった点は国内だけでなく海外ボランティアにおいても体験することができますよ。

ボランティアで社会を見る目が変わる

学生の皆さんというのは社会というのは学生という立場からでしか確認することができませんので、固定化されがちになります。
しかし、学生時代にボランティアを経験することによって社会に対する視点というのは少しずつ変わります。
基本的に、ボランティアの活動の範囲というのは企業、団体が活動しづらく、同時に社会においては決して欠かすことができない活動エリアがボランティアに任されることが多いです。

被災地のがれきの撤去であったり学校教育現場位における教員のサポート、介護福祉施設のサポートなど様々なことがあります。
自分達がこれまでに当たり前のように生活を送ることができるのは、このような地道な成果によるものなんですよ。

海外ボランティアというのは自分にとって大きな財産となりますので、是非試してみてはどうでしょうか。

制約に縛られない自由な活動ができる

社会人のボランティアとは異なり、学生ボランティアのメリットというのは制約に縛られることがない、ということです。
仕事を持つことで労働をしている社会人というのは勤務している企業や雇用先の勤務形態などに縛られてしまいボランティアをすることがなかなか難しいのです。

しかし、学生というのはそのような制約も少なく、自分が望んでいるボランティア活動に積極的に参加をすることができます。
地方におけるボランティアや平日の活動といったものなど、社会人が活躍することが困難な場所においても活動をすることが可能なのです。

自分の空いている時間や負担にならない範囲内での活動でも、ボランティアによって自分を十分に成長させることができますので、是非試してみてくださいね。